別 名
所在地 山梨県甲府市屋形
築城者 板垣信方
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 武田信玄が家督を継承すると板垣信方は重臣筆頭として諏訪郡代に任じられ相当な権力者になっている。甲斐源氏一門の出身で名実ともに家中筆頭だった信方だが、天文17年(1548)の上田原の戦いで敵陣に深入りしすぎて村上軍に討たれた。
 武田信虎時代からの重臣板垣信方の屋敷跡は躑躅ヶ崎館の梅翁曲輪の南にあった。このときとは別の機会で上田原古戦場を歩いたときに信方の墓を訪ねた。彼は煙草好きだったというので自分も彼の墓前に煙草を供えて一服させてもらった。そこには誰もいなかったので墓石に向かって「今は煙草も吸いづらい世の中になりました」と話しかけた。本当かはわからないが板垣氏の末裔は乾姓を名乗り板垣退助のときに甲斐武田氏の末裔と名乗り板垣姓へ改めている。
JR中央本線「甲府」下車 山梨交通バス「武田神社」行で「護国神社入口」下車 徒歩5分
武田二十四将伝/新人物往来社
2008/12/20