福島城
 
別 名
所在地 山梨県笛吹市春日居町寺本
築城者 武田氏
築城年 戦国時代
廃城年 戦国時代
現 状 山林
遺 構 郭・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
遠景
 
 標高913mの雄々しい山容を誇る兜山は武田氏によって烽火台が置かれたという。武田信昌に敗れた守護代跡部氏が逃げ込んだという伝承も持つが、いずれにしても内乱が続いた甲斐をずっと見下ろしていた名峰である。
 春日居町駅から春日井ゴルフ倶楽部方面へ歩き、ゴルフ場を巻くようにしてハイキングコースへと至る。兜山の山頂付近は堀切状の地形が残るとされている。とても眺望に優れた山というので城跡巡りは別にして一度登ってみたい。
 
JR中央本線「春日居町」下車 徒歩1時間30分
 
2014/12/17 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
熊出没注意