別 名 石和館
所在地 山梨県甲府市川田町
築城者 武田信昌
築城年 寛正6年(1465)
廃城年 永正16年(1519)
現 状 農地
遺 構 水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 寛正6年(1465)に武田信昌が構えた居館である。その後は信縄と信虎へと受け継がれた。笛吹川の旧流路から近いために度々水害に悩まされてきた歴史があり信虎は躑躅ヶ崎館を築いて居館を移した。川田館はこうして廃止されたが江戸時代半ばに短期間だけ陣屋が置かれた。
案内板 二宮神社  
 甲斐を統一した武田信虎の居館だった川田館は石和温泉駅のすぐ西にある。二宮神社の東に広がる葡萄畑が館跡で案内板も設置されていた。地図を見ても長方形の館の形が残り当時の水堀と思われる用水路が囲んでいる。
 この日は雨がの降っていたが濡れた新緑の木々がとても綺麗だった。今では何の変哲もない農地だがこの居館を拠点として武田信虎が甲斐統一を成し遂げたと思うと少し感慨深いものがある。武田氏の居館はいくつも廻っているがどれも方形居館であり名門の風格を感じる。
JR中央本線「石和温泉」下車 徒歩10分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2007/05/06