別 名
所在地 山梨県甲府市下曽根町
築城者 下曽根賢信
築城年 室町時代
廃城年
現 状 實際寺
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 甲斐源氏一門の下曽根氏の屋敷跡である。曽根氏は上曽根氏と下曽根氏に分かれたが、戦国時代には武田信玄の配下で活躍した下曽根源六郎信恒を出しているが法名である岳雲軒浄喜のほうが有名かもしれない。浄喜は永禄2年(1559)に小諸城代に抜擢され一門としての待遇を与えられていたが、天正10年(1582)に織田軍へ寝返り小諸城で武田信豊を討った。しかし織田軍への帰参は叶わず織田信長に殺された。
曽根氏の碑 土塁  
 武田氏の重臣として活躍した下曽根氏の屋敷が県立考古博物館の西にある実際寺にある。墓地の南東に土塁が残るが規模はかなり大きなもので写真の墓石と比較するとわかると思う。
JR中央本線・身延線「甲府」下車 山梨交通バス「豊富」行で「下曽根」下車 徒歩5分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2005/09/17