福島城
 
別 名 栗原氏館
所在地 山梨県山梨市下栗原
築城者 栗原武続
築城年 室町時代
廃城年
現 状 大翁寺
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁
 
 守護の武田氏に匹敵するほどの実力を誇った栗原氏の屋敷跡は荒廃していた。大翁寺の竹薮に少しばかりの土塁を残すぐらいで、屋敷の北側に位置する土塁は墓地の造成でほとんど失われていた。案内板があるのが少しは救いとなっている。
 栗原氏は逸見氏や大井氏と連合し武田氏に敵対したが武田信虎に鎮圧され、信玄の時代には栗原信友と昌清が活躍している。武田氏滅亡後は徳川氏に仕えて旗本として家名を保っている。
 
JR中央本線「山梨市」下車 徒歩30分
 
2003/01/15・2014/12/17 甲斐の山城と館/戎光祥出版