別 名
所在地 山梨県笛吹市石和町東油川
築城者 油川信恵
築城年 室町時代
廃城年 永正5年(1508)
現 状 龍泉寺
遺 構 土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 旧石和町の龍泉寺が油川氏の居館跡という。油川信恵は一族の火種ともいうべき厄介な人で、勝山城を拠点として兄武田信縄と抗争し甥信虎とも戦った挙句に永正5年(1508)の勝山合戦で討死した。大人しくしていれば一族の重鎮として重用されたものを自分で身の破滅を招いている。
水堀 土塁  
 油川氏と武田宗家の波乱の歴史を伝える屋敷跡は笛吹川の氾濫が繰り返されたため遺構は早くから失われているが、かろうじて土塁と水堀の名残が残っていた。龍泉寺は墓地こそあるが普段は無住のようで物寂しい感じがした。油川氏の屋敷跡という案内板もなく赤土が夏の陽射しに照らされていた。
JR身延線「南甲府」下車 徒歩1時間
武田一族のすべて/新人物往来社
2014/07/26