福島城
 
別 名 間瀬氏屋敷
所在地 山梨県山梨市牧丘町倉科
築城者 大村忠尭
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 山梨市指定史跡
備 考
評 価
土塁
 
 武田氏に仕えて甲武国境を守った大村氏の屋敷跡は探すのに時間がかかった。車を停めて探し回ったが見当たらず、半ばあきらめかけて車に戻ったところが屋敷跡だった。城跡を探しているとこういうことはよくある。
 遺構はとてもよく残り、間瀬氏宅の北西に残る土塁が特に見事だった。一部は石積みで補強されているが当時の遺構かはわからない。大村氏の墓所も見つかったが、案内板はとうとう見つけられなかった。
 
JR中央本線「塩山」下車 山梨市営バス「杣口」行で「大室入口」下車 徒歩30分
 
2014/09/20 甲斐の山城と館/戎光祥出版