別 名
所在地 山梨県山梨市一町田中
築城者 中村弥左衛門尉
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 武田氏の家臣で横目付衆を務めた中村弥左衛門尉の屋敷跡という。武田氏滅亡後の中村氏は徳川家康に仕えている。
 勝沼ぶどう郷駅から山梨市駅までを歩き通して武田氏家臣の屋敷跡を訪ね歩いた。どれだけの距離を歩いたか覚えていないが、栗原氏の屋敷跡を過ぎたあとは苦痛でしかなかった。バスが少ない土地は本当に苦労をする。
 山梨市駅方面に進路を北へ取ると田安陣屋跡がある。そこから路地を入るとすぐに中村弥左衛門尉屋敷跡があった。訪問する少し前まで末裔が居住していたが、自分が訪ねたときには先祖伝来の地を離れてしまい真新しい分譲住宅が建っていた。
JR中央本線「山梨市」下車 徒歩30分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2014/12/17