別 名 関金平屋敷・田中陣屋
所在地 山梨県山梨市一町田中
築城者 田安宗武
築城年 延享3年(1746)
廃城年 明治2年(1869)
現 状 水上稲荷神社
遺 構 石垣・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 山梨市指定史跡
評 価
 田安陣屋が構えられる以前は旗本の関金平が慶長5年(1600)に構えた屋敷があった。金平は大坂夏の陣で討死し延享3年(1746)に将軍徳川家重の弟田安宗武が陣屋を構えた。宗武は兄家重を凌ぐ器量の持ち主だったが将軍職に固執したことで父吉宗の不興を買い謹慎処分を受けている。子どもたちにも先立たれた不運の人だった。
水上稲荷神社 石碑と案内板 石垣
 山梨市駅から真っ直ぐ南下すると30分ほどで水上稲荷神社へ着く。境内は田安陣屋の一部で水堀が用水路となって残っている。石垣も陣屋跡の遺構ということなので貴重なものである。
JR中央本線「山梨市」下車 徒歩30分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2014/12/17