別 名 栗原館
所在地 山梨県山梨市下栗原
築城者 栗原武続
築城年 室町時代
廃城年
現 状 大翁寺
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 栗原氏は武田氏一門で武田信成の子栗原十郎武続を祖とする。栗原郷には大翁寺の他にも方形居館の形態を残す寺院がいくつかあり、いずれも栗原一族の居館と推定される。その勢力は大きく成長し武田氏と並ぶほどの勢いがあり国人領主の首魁として逸見氏や大井氏と連合し武田氏に敵対した歴史を持つ。明応10年(1501)に武田信縄と油川信恵との間で起きた家督争いでは栗原信遠が信恵方に加担したが、このときに栗原一族の多くは粛清されており信虎が家督を継ぐとその勢力を殺がれた。こうして栗原氏は武田氏へ臣従するようになり晴信の時代には栗原信友と昌清が活躍し武田氏滅亡後は徳川氏に仕えて旗本として家名を保っている。
案内板 堀跡 土塁
 守護の武田氏に匹敵するほどの実力を誇った栗原氏の屋敷跡は荒廃していた。大翁寺の竹薮に少しばかりの土塁を残すぐらいで屋敷の北側に位置する土塁は墓地の造成でほとんど失われており案内板の存在がわずかな救いとなっている。
 最初に栗原氏の居館を訪ねたのは高校生の頃だったと思う。何もないだろうと思って大翁寺を訪れると案内板があった。その頃は館跡の遺構がどれなのかもわからず案内板だけ眺めて帰っている。それから2回ほど訪ねているが、門前に低く堀跡があるのを見付けた。また北側と本堂の東にある竹藪に土塁の一部が残っている。隣接する妙善寺、大法寺なども訪ねてみたが遺構は何もなかった。
JR中央本線「山梨市」下車 徒歩30分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2003/01/15・2014/12/17