福島城
 
別 名
所在地 山梨県山梨市三富下釜口
築城者 荻原氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 山梨市指定史跡
備 考
評 価
堀切
遠景 主郭 堀切
石積 眺望  
 
 友人たちと年末に登ったのが下釜口烽火台だった。雁坂峠方面からの異変を伝えるため設置された烽火台で、武田氏に仕えた荻原豊前守が守備していたと伝わる。雁坂峠を越える峠道は重要な軍道で武田氏は何度かここを越えて秩父へ侵入している。旧三富村や旧塩山市の山間部は金山採掘という重要な収入源でもあった。
 展望台が置かれ綺麗に整備されている。針葉樹ばかりなので季節を問わず訪れることが可能なようだった。南斜面の郭にある石積は遺構かどうかの判断に迷うところだが、新しい積み方にも見えない。さすがに烽火台だけあって眺望はとても美しい。
 
JR中央本線「塩山」下車 山梨交通バス「西沢渓谷入口」行で「下釜口」下車 徒歩30分
 
2008/12/29 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
熊出没注意