福島城
 
別 名
所在地 山梨県甲州市塩山下於曽
築城者 於曽光経
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 宅地・公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 山梨県指定史跡
備 考
評 価
土塁
虎口 土塁 土塁と空堀
 
 塩山駅から徒歩10分も歩くと素晴らしい屋敷跡が残っている。於曽四郎光経屋敷の大部分は史跡公園として整備され、西半分は今も子孫の邸宅となっている。周囲を囲む土塁がよく残り基底部の幅は約10mで高さは3mを超えている。戦国時代は板垣氏の屋敷となっていたというので遺構は鎌倉時代ではなく戦国時代の姿だろうが、それでもよく残ったものだと思う。
 
JR中央本線「塩山」下車 徒歩10分
 
2003/01/15・2008/12/29 甲斐の山城と館/戎光祥出版