別 名
所在地 山梨県山梨市東後屋敷
築城者 武田金吾
築城年 室町時代
廃城年
現 状 光福寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 武田金吾が誰にあたるのかは解明されていない。栗原氏の出身ではないかと考えられているが、室町時代を生きた人ということしかわからないし実名も伝わらない。金吾と言えば小早川秀秋が有名で律令制における役職のひとつ衛門府の唐名である。
 光福寺が武田金吾屋敷跡とされる。無住の寺で山門も荒れ果てていたが本堂の屋根には武田菱が輝いていた。朽ちかけた山門や無住の荒れ寺の雰囲気はなかなか捨て難いものがある。東後屋敷の地名は金吾屋敷が語源という。
JR中央本線「東山梨」下車 徒歩20分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2008/12/20