別 名
所在地 山梨県山梨市牧丘町倉科
築城者 倉科信広
築城年 応永年間(1394〜1428)
廃城年
現 状 農地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 倉科治部少輔信広は武田信満の庶子という。室町時代に琵琶城を築き居城としている。その後の倉科氏の動向は明らかでない。
 フルーツの郷として売り出している牧丘町は車がないととても行けない。循環バスの本数が少ない上に窪平での乗り継ぎがある。鼓川温泉方面のバスは廃止になったらしく中央本線の駅から直通路線はもうないようなので訪れる際はよく確かめて頂きたい。遺構は農園となって失われているが鉤の手状の道が琵琶城を偲ぶ数少ない手がかりとなろう。
JR中央本線「山梨市」下車 山梨市営バス牧丘循環線で「窪平」下車 徒歩30分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2015/02/12