福島城
 
別 名 一条信龍館
所在地 山梨県西八代郡市川三郷町上野
築城者 一条信龍
築城年 戦国時代
廃城年 天正10年(1582)
現 状 蹴裂神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 市川三郷町指定史跡
備 考
評 価
石碑
 
 6月中旬の甲斐盆地の気温は30度を超えていた。路面の照り返しを考えれば体感気温はさらに増すと思う。こんな暑い日になぜ盆地特有の暑さがある山梨へ出かけたかはわからない。身延線に乗ったのはこのときが初めてだった。車内に車掌がいて運賃精算をしている。子どもの頃にこんな風景を見たことがあった。
 東花輪駅で降り立ったときには既に炎天下だった。浅利与一館を探すのに手間取り上野城に着いたときは意識が朦朧としていた。立派な石碑と案内板があるものの遺構はなかったと思う。城跡は少しだけ高台にあるので日影で涼を入れて休んだ。ここから市川大門駅まで歩き甲斐源氏旧蹟を訪ねる予定だったが、熱中症気味のために取り止めて甲斐上野駅へ向かった。
 甲府行きの身延線は出発したばかりで次の列車の到着までは1時間待たねばならない。無人駅で冷房もなく近くには店もない。誰もいないので上着を脱いで洗面所の水に浸しては着ることを繰り返して体の熱を逃がした。6月でこの暑さなのだから8月などは立っていることもできないだろうと思い、この年の夏は城館探訪をしていない。
 
JR身延線「甲斐上野」下車 徒歩5分
 
2016/06/18 甲斐の山城と館/戎光祥出版