福島城
 
別 名
所在地 山梨県甲州市大和町田野
築城者 武田勝頼
築城年 天正10年(1582)
廃城年 天正10年(1582)
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
鳥居畑古戦場碑
 
 甲斐大和駅から日川沿いに大菩薩嶺方面へ向かう途中に武田勝頼父子と北条夫人が眠る景徳院がある。朝から真夏の甲府盆地を走り回るという日だったが、甲斐大和まで来たときは夕暮れ時だったので多少は涼しく感じた。勝頼最期の地を訪ねるために景徳院を散策し、武田信満の墓がある栖雲寺まで足を延ばしたが、ここは訪れる人もない静かな寺だった。
 平屋敷の正確な場所はわからないが近くのバス停は下の平という名前であり、景徳院の西あたりが勝頼主従の最後の戦場となった平屋敷ではないかと思う。四郎作古戦場の石碑が建つあたりしか平たい場所はない。四郎勝頼が砦を築いたから四郎作なのか、それとも単純に城と柵の意味なのか。いずれにしても勝頼主従40余人が散った場所には違いない。
 
JR中央本線「甲斐大和」下車 徒歩40分
 
2014/07/26 四郎作古戦場案内板