福島城
 
別 名
所在地 山梨県甲州市大和町初鹿野
築城者 武田氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
遠景
 
 前々から笹子峠に城はなかったのかと疑問に思っていた。甲相国境から大月の岩殿城にかけては御前山と呼ばれる武田氏が構えた烽火台や砦が数珠のように連なっている。小山田氏の領内も同様に砦が築かれ烽火や鐘による情報伝達がされていた。中央本線や中央自動車道が主流となっている現代とは違い中世の主要街道は御坂路だったらしいが、甲斐の中心部への入口にあたる笹子峠にも砦ぐらいはあったと考えるのが自然だと思う。
 実際に烽火台は置かれていたようだが場所が特定されていない。これもまた不思議なことだと思う。外敵だった北条氏や徳川氏の築いた砦なら話はわかるが、甲斐守護の武田氏が築いた砦の位置がわからないというのは解せない。とにかく場所が特定されていない以上は笹子峠に登っても仕方がないので遠くから眺めるだけにしておいた。
 
JR中央本線「笹子」下車 徒歩1時間30分
 
2014/11/05 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
熊出没注意