別 名 殿屋敷
所在地 山梨県南都留郡富士河口湖町船津
築城者 小林尾張守
築城年 永享12年(1440)
廃城年
現 状 河口湖ホテル
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 戦国時代に武田氏の配下として活躍した小林尾張守の館跡である。案内板によれば永享12年(1440)に船津館は築かれたとされ、河口町史では応仁3年(1469)に小林尾張守は武田信昌の命により船津に居館を構えたとしているので戦国時代には譜代といって良いほどの家柄であったと思われる。永正18年(1521)には武田信虎が船津館を訪れている記録が残っている。
船津館 御屋敷大神社と御屋敷の松 案内板
十王堂跡 井出家の四脚門 河口湖
 御坂城へ登ろうとしたときに天下茶屋行きのバスが来るまで時間を持て余した。駅の周りで時間を費やすのも退屈なので河口湖畔まで散歩することにした。河口湖駅から15分ほど歩くと河口湖ホテルに着くがここに武田氏に仕えた小林尾張守館跡の案内板がある。ホテルの敷地内にある高台に御屋敷大神社がありお屋敷の松と書かれた案内板があった。
 小林尾張守館からの帰り道で十王堂跡の石碑を見つけた。碑文に目を通すと小林尾張守が夭逝した娘のために地蔵尊と十王尊を安置したと刻まれていた。可愛い娘に先立たれた尾張守の哀しみは如何ばかりのものだったろう。周辺を散策すると旧家である井出家の四脚門など見るべきものが多かった。
富士急行「河口湖」下車 徒歩15分
甲斐の山城と館/戎光祥出版・御屋敷の松案内板
2016/05/16