福島城
 
別 名
所在地 山梨県上野原市四方津
築城者 武田氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
遠景
 
 牧野砦から下山したときに鶴島御前山と栃穴御前山が見えた。どうしても鶴島御前山と重なりあってしまうが、手前の尖った山が栃穴御前山で二つの御前山は尾根伝いに行くことができる。具体的な歴史は伝わらないが武田氏の烽火台とされている。中央本線沿いにいくつもある御前山と呼ばれる山はほとんどが武田氏が烽火台を置いた山という。どれもたいした遺構のない山ばかりだが、栃穴御前山は土塁と堀切だけではなく石積もあるという。冬になると登ろうと計画するが、何の遺構もない鶴島御前山へ登り一度下ってまた登るというのがとても苦労に思えてずっと後回しになっている。
 
JR中央本線「四方津」下車 徒歩1時間30分
 
2008/12/29 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
熊出没注意