福島城
 
別 名 御殿屋敷・御蔵屋敷
所在地 山梨県大月市笹子町黒野田
築城者 天野景信
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
現況
 
 大月市東部の城館跡は大部分が遺構もなく徒労に終わった感じがしたが、天野景信の居館跡は石碑があった。何もないと思って訪れたときに石碑があるとじわじわと喜びが込み上げてくる。城跡廻りをしている人にはわかってもらえると思う。
 天野氏は遠州の山間にある犬居城主だったが今川氏滅亡後は徳川家康に属し、武田信玄が東海へ侵攻を開始すると武田氏に仕えた。家康譜代の家臣に興国寺城主になった天野康景がいるが、天野一族も武田につくか徳川につくかで逡巡したのだろう。長篠の戦いで武田勝頼が敗れると天野景信は徳川軍の攻撃を受け、犬居城を棄てて甲斐へ退去してこの地に居館を構えている。
 
JR中央本線「笹子」下車 徒歩10分
 
2014/11/05 甲斐の山城と館/戎光祥出版