福島城
 
別 名
所在地 山梨県大月市初狩町下初狩
築城者 初雁五郎
築城年 南北朝時代
廃城年
現 状 採石場
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
遠景
 
 南朝に味方して足利尊氏に対抗した初雁五郎の屋敷跡という。初狩駅付近の踏切から見上げる場所が河内屋敷とされる。台地先端には竹ノ花の地名が残り江戸時代には遺構が残っていたというが、今は採石場やJR貨物引込線の敷地となり壊滅している。
 
JR中央本線「初狩」下車 徒歩15分
 
2014/11/05 甲斐の山城と館/戎光祥出版