福島城
 
別 名
所在地 山梨県南都留郡富士河口湖町河口
築城者 三浦氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
近景
 
 河口浅間神社の門前には今も御師集団の屋敷がある。三浦氏もそうした家々のひとつで厳密に言えば武士ではないかもしれないが、小山田氏に属して諸国を歩き動静を伝える役割を担っていたことは確かだと思う。
 河口浅間神社に隣接する場所に屋敷跡はあり今も子孫が暮らしている。江戸時代末期に造られた薬医門が文化財指定されているが、民家の庭先を通らないと間近には見られない。どうも気兼ねして見ていないが南の畑ごしに見る屋敷跡は風格があった。
 
富士急行「河口湖」下車 富士急バス「甲府駅」行で「河口局前」下車 徒歩5分
 
2016/05/16 甲斐の山城と館/戎光祥出版