福島城
 
別 名
所在地 長野県上田市上室賀
築城者 室賀氏
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正12年(1584)
現 状 宅地・農地
遺 構 堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
堀切
 
 室賀氏は源経基を祖とする清和源氏の末裔で鎌倉時代から室賀郷を領有し戦国時代まで続いたが、その歴史は小領主の悲哀を感じる。村上義清に仕えた室賀正武は衰退する村上氏を見限り武田氏に臣従した。武田氏滅亡後は時代の波に翻弄され、徳川家康の密命を帯びて真田昌幸の暗殺を企てたが、一族の内通で正武は上田城で斬殺された。
 原畑城は笹洞城の南麓にある。細長い台地上に築かれた城だが遺構はほとんど消滅している。大河ドラマの幟がはためいていたが案内板などは設置されていなかった。まるで時間の止まったような静かな場所だった。
 
JR新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
千曲バス「室賀上組」行で「室賀温泉」下車 徒歩5分
 
2016/04/02 信濃の山城と館/戎光祥出版