別 名 高鳥屋城・水晶城
所在地 長野県諏訪市四賀
築城者 桑原氏
築城年 室町時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 長野県指定史跡
評 価
 在地領主桑原氏の居城と思われるが詳しいことはわからない。諏訪氏が居城とした上原城から近いこともあり重要な位置づけにあった城ことは間違いないようで天文11年(1542)に武田信玄が諏訪へ侵攻すると諏訪頼重は上原城を捨てて桑原城に逃れている。夜陰に紛れての逃亡だったこともあり家臣の多くが逃散し桑原城へつき従ったのは僅かな人数だった。投降した頼重は甲府で幽閉され東光寺で自刃させられた。
桑原城 堀切 東郭跡
東郭跡の首塚 堀切 二の郭跡
主郭跡 主郭跡の土塁 桑原城から見た諏訪湖
 珍しく二泊三日で諏訪を旅した。その前にも一泊で訪れているが、そのときは予想外の積雪でほとんど何もできなかった。本当なら晩秋や春先を選びたかったが、まとまった休みが取得できた関係で6月になった。真夏に近いような陽気で山城には不向きな季節だったが、思っていたより楽しむことができた。
 桑原城は僕にとって1500城目の節目となった。旅の初日に上諏訪駅周辺の城を廻ってから諏訪市へ移動した。久しぶりに上原城へ登り寛いだあとは桑原城へ向かう。あまりの暑さでシャツがびっしょりになったので上着ごと脱ぎ捨てて上半身は裸で登った。夏場の山城に登るような物好きはいないと思ったからだが実際に僕一人しかいなかった。それほど大きな城ではないが節目に選んで良かったと思える山城だった。郭の配置と遺構がよくまとまった城であり草が繁茂しているものの遺構は確認できた。何よりも諏訪湖の眺望が素晴らしい。帰り道は城山から続く坂道を自転車で疾走した。風を斬りながら騎馬武者のように駆け下りた清々しさは今も忘れていない。
JR中央本線「上諏訪」下車 諏訪バス「茅野」行で「四賀出張所前」下車 徒歩45分
戦国武田の城/有峰書店新社・桑原城跡案内板
2014/06/03