福島城
 
別 名 真田山城・松尾城・住連寺城
所在地 長野県上田市真田町長
築城者 真田幸隆
築城年 天文年間(1532〜55)
廃城年 天正13年(1585)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 上田市指定史跡
備 考
評 価
主郭 土塁
遠景 主郭 二の郭
二の郭 石積 三の郭 堀切 眺望
 
 真田の里は前から訪れてみたかった。一泊二日の行程で初日は千曲川以西の山城へ登り、二日目はバスを利用して松尾古城に登った。それからは歩いてのんびりと真田氏の屋敷跡や支城を訪ね歩いている。
 真田本城は真田の里を一望にできるこの城こそが真田氏の本拠地に相応しいという理由で名づけられている。歴代の真田氏当主がこの城を居城としたという確証はなく、その創立も真田幸隆の時代より古いことが発掘調査で判明している。本来なら松尾城と呼称すべきだろうが、一般的な呼び方に従う。それでも真田本城の名称だけは得心がいかない。
 遠目にもそれとわかる平坦面が続く山で草木が刈られているためすぐにわかった。遺構はそれほど驚くほどのものではなく、道路が敷設されたり遊歩道が設けられたことで破壊が見られる。本音を言えばこの旅行で訪ねた松尾古城や笹洞城のほうがずっと印象に残っている。城跡から眺める真田の里はとても美しく砥石城が綺麗に見えたことが印象的だったが、観光客が多いのであまり長居せずに立ち去った。
 
JR新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車 
上田バス「菅平高原」行で「長小学校」下車 徒歩30分
 
2016/04/03 信濃の山城と館/戎光祥出版
真田本城跡案内板