別 名
所在地 長野県長野市鑪
築城者 上杉謙信
築城年 天文24年(1555)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 長野市指定史跡
評 価
 葛山城は川中島の戦いで上杉謙信が落合備中守に守らせたが、真田幸隆の調略により落合氏は分裂し馬場信春の攻撃で落城した。多数の婦女子が谷へ身投げして死んだと伝わるが、近郷の領民たちも葛山城に籠っていただろうから意外と真実を伝えているように思える。
葛山城 北尾根の堀切 北尾根の堀切
北尾根の堀切 北尾根の曲輪跡 本曲輪跡
西尾根の堀切 西尾根の堀切 二の曲輪跡
東尾根の堀切 東尾根の連続堀切 葛山城からの眺望
 桝形城から大峰城への廃道歩きを終えてからは一般道へ戻る。葛山城への道は少し複雑なので少々遠回りをしてもわかりやすい道を選ぶことにした。一度山を下り盆地に形成された集落を歩きつつ葛山城への入口へ着いた。道中では実りを迎えたリンゴが赤く色づいていた。
 北尾根から登るとすぐに平らに均された郭がある。北尾根はある程度の伐採がされて遺構が見やすくなっていた。少々息が上がってきた頃にようやく主郭が見えてきた。この日に登る3つ目の山城なのでかなり疲れており主郭に着くと東屋で腰かけてしばらく休んだ。一息ついたあとは西尾根の二重堀切から先端の郭までを見て回る。おそらく二度と来ないだろうからじっくりと見ることにした。再び主郭へ戻り一服すると東尾根に残る連続畝堀へ向かう。以前に山梨県の真篠城でも同じような遺構を見たことがあるが葛山城はさらに巨大だった。残念なことに藪が生い茂り全容がわからなくなっている。すべてを見終えてからは南へ下る山道から頼朝山へと向かった。
JR北陸新幹線・信越本線・長野電鉄長野線「長野」下車 徒歩2時間
戦国信濃の城郭/戎光祥出版
2018/11/01