別 名
所在地 長野県長野市茂菅
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 頼朝山に設置されていた案内板に目を通したが、砦についての解説はなく源頼朝が善光寺へ参詣したときに静松寺にこの山を寄進したことから頼朝山と呼ばれるようになったことが記されていた。位置的に考えれば葛山城の砦であることは間違いないので上杉方に属した落合氏が構えた砦ということになるのだろう。
頼朝山砦 堀切 堀切と土橋
二の曲輪跡 本曲輪跡 頼朝山からの眺望
 葛山城から南尾根を下り道標に従って頼朝山を目指した。葛山から頼朝山まではおよそ20分ほどで道標があるおかげで迷うこともなかった。砦跡は簡素なものだったが郭が綺麗に残っており尾根に2つの堀切が残り2つの郭で形成されている。ベンチに腰をかけて遠くを見ると正面に川中島古戦場を挟んで奇妙山と尼厳山をはじめとする武田軍の城砦が一望できる。
JR新幹線・信越本線・長野電鉄長野線「長野」下車 徒歩1時間45分
信濃の山城と館/戎光祥出版
2018/11/01