別 名
所在地 長野県長野市上松
築城者
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 桝形城の歴史はわかっていないが、遺構を見る限りでは間違いなく戦国時代の城であり、それも武田氏の城という印象を受ける。尾根続きにある大峰城は上杉軍が布陣した伝承がある。川中島の戦いは何度も繰り返されているのでいずれの勢力による築城かは判断しかねる。
二の曲輪跡の土塁と空堀 二の曲輪跡の土塁 二の曲輪跡の土塁
二の曲輪跡の切岸 空堀 本曲輪跡の切岸
本曲輪跡 本曲輪跡の土塁 本曲輪跡の空堀
 この年は軽井沢に一度訪れただけで長野県の城へは訪れていなかった。1年ぶりに信州の山城に登りたくなり新幹線に乗った。大宮駅から長野駅までノンストップの新幹線に乗れば1時間少々で着いてしまう。とてもありがたいがトンネルばかりで景色は楽しめない。
 長野駅からは久しぶりに善光寺へお参りをした。これから山城を縦走するのでその安全を願っておいた。それから地附山への道を登るが舗装された道なのでストレスはまったく感じない。昭和60年に起きた地附山の地滑りで道路が流失したため今も廃道となっているが、そのおかげで登山者は車の通らない道路を歩くことができるのはとても快適だった。
 城跡には案内板が設置され見学順路を示した道標があるので助かった。遺構は完全な状態で残されているので高い満足感を得ることができる。二の郭の土塁と空堀はとても美しい。主郭はあまりシャープな印象は受けないが綺麗な桝形虎口が残っている。主郭と二の郭の間に堀底のような地形の郭が残されているが、どうみても巨大な堀切にしか見えなかった。ほとんど知られていない山城なのでどんなものかと思って立ち寄ったのだが予想外の素晴らしい城跡だった。まさに意気揚々と次の目的へ向けて歩き出したが、桝形城から大峰城までは30分ほどの道のりだった。
JR北陸新幹線・信越本線・長野電鉄長野線「長野」下車 徒歩1時間45分
桝形城跡案内板
2018/11/01