別 名 竹山城・象山城
所在地 長野県長野市松代町西条
築城者 西条氏
築城年 天文年間(1532〜55)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 西条城は清野氏の庶流西条氏により築かれた山城という。村上義清が武田信玄に追われ越後へ逃亡したときに西条氏も従ったが、清野勝照の弟信清が武田信玄に仕え西条氏を継いだ。信清は川中島の戦いに先立ち尼飾城の普請を命じられるなど武田氏のために働いている。武田氏滅亡後は上杉景勝に臣従し所領を安堵された。
二の郭跡 主郭跡の石積み 主郭跡の石積み
石積み 西条城からの眺望 松代大本営跡
 川中島古戦場と松代城を訪ねたあとは標高476mの象山に登り西条城を訪ねたが、7月の雨上がりでとにかく暑かった。湿度が高く余計に暑さを増幅させていた。象山への道はきつい傾斜もなく快適だった。
 都会では聞いたことのないセミの鳴き声がしたがエゾゼミだろう。西条城は夏草に覆われていたので藪に分け入ることなく見られる遺構だけを見た。もう少しじっくりと見てみたかった城だが図面もなく、何よりも暑さから解放されたかった。石積の見事さだけを手土産に下山したあとは松代大本営へ立ち寄った。太平洋戦争中に空襲が激しくなった東京から首都を移転するべく地下に築いた戦争遺跡である。中へ入ると真夏の暑さが一変し冷蔵庫の中にいるようで吐く息が真っ白で体を滴る汗が瞬時に引いた。西条城よりもこちらのほうが強く印象に残っている。
JR北陸新幹線・信越本線・長野電鉄「長野」下車 川中島バス「松代」行で「松代駅」下車 徒歩30分
戦国武田の城/有峰書店新社
2006/07/15