別 名 海津城・貝津城・待城・松城
所在地 長野県長野市松代町松代
築城者 武田信玄
築城年 永禄3年(1560)
廃城年 明治6年(1873)
現 状 海津城跡公園
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 信濃へ侵攻した武田信玄に前に立ちはだかったのが越後の上杉謙信である。両者は千曲川を挟んで川中島で幾度か激戦を交わした。そのときに信玄が橋頭堡として築いたのが海津城であり名将として知られた高坂弾正が城将を務めた。両雄が世を去り武田氏も滅ぶと織田信長の家臣森長可が城主となった。長可は鬼武蔵の異名をとった猛将だったが長久手の戦いで戦死した。豊臣秀吉が天下を継承すると伊勢の名族田丸直昌が城主となり秀吉死後は徳川家康の昵懇を得た森長可の弟忠政が入封した。このときに豊臣家の蔵入地が廃止されているから信濃の要衝に築かれた海津城を手中にしようという家康の深謀があったと思う。忠政は城の名前を待城に改めているが江戸時代半ばに松代へ改称された。江戸時代初期は松平忠輝や酒井忠勝が入り元和8年(1622)に真田信之が13万石で入封し幕末まで続いた。
橋詰門と前橋 太鼓門 北不明門
本丸跡の石垣 本丸跡の石垣 二の丸跡
埋門 百阮x跡 新堀
 松代城よりも海津城と呼ぶほうがしっくりくるし城址碑にも海津城と刻まれている。川中島古戦場は一度は訪ねておきたかったので高校時代の友人と真夏に車で出かけた。暑い日で八幡原史跡公園へ向かうときは激しい雨だったが松代城へ着くと雨は上がり青空が広がった。
 自分が訪れたときには復元工事も終わり堀は水を湛え城門が復元されていた。それらはとても目を楽しませてくれたが自分は復元された建物よりも石垣の上から川中島の風景を眺めてみたかった。それから時間をかけて川中島の戦いに思いを廻らせながら散策してみたが水堀に映る石垣がとても綺麗だった。蝉時雨を聞きながら一周してみたが都会ではもう見られないキリギリスがたくさんいた。
JR北陸新幹線・信越本線・長野電鉄「長野」下車 川中島バス「松代」行で「松代駅」下車 徒歩5分
城郭と城下町/小学館・中部の城/小学館
2006/07/15