別 名
所在地 長野県千曲市稲荷山
築城者 上杉景勝
築城年 天正10年(1582)
廃城年 慶長3年(1598)
現 状 宅地
遺 構 門・土塁・井戸
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 天正10年(1582)に武田勝頼が滅び相次いで織田信長が本能寺の変で死ぬと信濃は混沌とした。徳川家康と北条氏政のせめぎ合いと同時に越後の上杉景勝が兵を出し真田昌幸をはじめとする小さな国人領主たちはその去就に悩むことになる。上杉景勝に従い重用されていた屋代秀正も徳川家康の勧誘を受けており景勝は稲荷山城を築いてこの動きを牽制した。豊臣秀吉が天下を取り景勝もその大名の一人となるが急逝した蒲生氏郷の後釜として会津若松城へ移封されたことで稲荷山城は廃城となった。
稲荷山宿の街並み 街角の商家 民家の蔵
城小路の井戸 城見橋 土塁と城址碑
 塩崎城と赤沢城の2つの山城を訪ねたあとは平地に下りて稲荷山宿を目指した。城館探訪と並行して行なう街並み散策もまた旅の楽しみのひとつである。稲荷山の宿場町は古い街並みが残り目を楽しませてくれたが、何分にも車の通行が多く辟易した。日本のどこの街へ訪れてもこれは同じで平日の昼間でも途切れることなく車が行き交う。当たり前だが事故で死ぬ人は減らない。
 稲荷山城は平城であり廃城後は宿場町が建設されたために城の縄張りも追えないほどで遺構も消滅している。古い街並みを見て歩くだけでも十分に楽しめたが城跡の石碑や案内板が意外と充実していた。本丸跡には稲荷山宿の本陣が置かれた松木家があり稲荷山城の城門と伝わる冠木門が今も残されているが、今にも倒壊しそうなほど傾いており早急な修理が望まれる。住宅地の合間には鉦山と呼ばれた櫓台の土塁が残り石碑と案内板が設置されており、そこから南へ歩くと国道403号線沿いに井戸が残っていた。これだけの遺構や城にまつわる案内板があれば訪れた甲斐があるというもので達成感が味わえる。少し足も疲れてきたので屋代城へ向かう途中、千曲川へ架かる橋の手前で休んだ。
JR篠ノ井線「稲荷山」下車 徒歩30分
稲荷山城跡案内板
2019/11/28