別 名 酔月城・白鶴城
所在地 長野県小諸市丁
築城者 武田信玄
築城年 天文23年(1554)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 懐古園
遺 構 門・郭・石垣・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 古くは大井氏の鍋蓋城があり支城として乙女坂城が築かれたが、天文23年(1554)に武田信玄の侵攻により大井氏の城砦は接収され小諸城が築かれた。城郭は高台に築かれるのが常だが、小諸城は城下町から見下ろせるような立地条件で築かれた城で穴城とも呼ばれている。武田氏が滅び織田信長が本能寺の変で斃れると依田信蕃が城主となり、豊臣秀吉が天下を統一すると仙石秀久が城主となった。江戸時代を通じては譜代と親藩が配置されているが大半を牧野氏が治めている。
西から見た小諸城 大手門 三の丸跡の三之門
二の丸跡 二之門跡 南の丸跡
中仕切門跡 北の丸跡 本丸跡の石垣
本丸跡の石垣 天守台の石垣 天守台
大堀切 小諸城からの眺望 小諸宿本陣跡
 小諸城はとても美しい城だと思う。いつ来ても静かで古城らしい佇まいを見せてくれるが、いつ来ても雨が降っている。過去2回訪れたがいずれも雨だった。おかげで雨に濡れた苔むす石垣を楽しめた。
 小諸駅で降りればもう城内であり懐古園入口の三之門をくぐり二の丸に着く。立派な石垣だが現存した石垣より大きな石を用いて積み直したということが案内板に表記されていた。黒門橋を渡り本丸へ入ると豪壮な石垣が連なる。天守台の石垣は仙石秀久が築いたもので反りを見せる姿は迫力があった。地獄谷と呼ばれる自然地形を巧みに活用した縄張が見事でもある。小諸駅を挟んだ反対には大手門がある。最初に訪れたときは修復工事中だったので再訪したときはじっくりと眺めた。明治維新の廃城後は料亭や質屋に転用されていたが修復されて当時の姿が甦っている。新幹線開通後の小諸市街はすっかり寂れてしまっている。賑わいを見せる上田の街並みとは対照的だった。
JR小海線・しなの鉄道「小諸」下車 徒歩3分
城郭と城下町/小学館・中部の城/小学館・小諸の文化財めぐり/櫟
2005/07/16・2011/08/25