福島城
 
別 名
所在地 長野県上伊那郡箕輪町中箕輪
築城者 松島氏
築城年
廃城年 弘治2年(1556)
現 状 箕輪町役場
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
標柱
 
 松島城へ着いたときは20時で周辺は漆黒の闇だった。9月半ばでも夜の気温は16度ぐらいだったと記憶している。街灯もないため車のライトで標柱を照らして撮影した。真っ暗なので遺構の確認もしていないが、役場の建設で遺構は破壊されているという。それでも城の地形は残されているように感じた。
 小笠原氏の流れを汲む松島氏は伊那への侵攻を開始した武田信玄に降るが、晴信が川中島で上杉謙信と対峙している間隙を衝いて、伊那一円の領主8人と蜂起した。その乱はすぐに鎮圧され松島信久は首謀者の一人として伊那郡狐島で処刑された。8人の首級は夜陰に紛れ里人が持ち帰り丁重に葬られたという。そんな血生臭い歴史がある城だった。
JR飯田線「伊那松島」下車 徒歩15分
2005/09/17 松島城跡案内板