福島城
 
別 名 箕輪城
所在地 長野県上伊那郡箕輪町福与
築城者 藤沢行親
築城年 南北朝時代
廃城年 天正10年(1582)
現 状 農家
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 長野県指定史跡
備 考
評 価
主郭
遠景 主郭 切岸
 
 友人と高遠城を再訪した。そのついでに伊那地方まで足を延ばしたが、天竜川沿いに南下するのは遠い。福与城に着いたのは夕暮れ時で晩秋の信濃路だからかなり寒かった。福与城は長野県史跡となっているので立派な城だろうと思って寄ったが、期待したほどではなかった。ずいぶん昔のことで記憶が曖昧ではあるが、農地として転用されたために土塁はほとんどなかったし土橋に土管が埋め込まれていたことを妙に覚えている。武田氏に頑強な抵抗を見せた城とはとても思えないが、寂しげな雰囲気は自分の心の琴線に触れるものがあった。
JR飯田線「木ノ下」下車 みのちゃんバス「箕輪営業所」行で「南小学校」下車 徒歩15分
2005/11/19 戦国武田の城/有峰書店新社
福与城跡案内板