別 名 島崎城
所在地 長野県諏訪市高島
築城者 日根野高吉
築城年 文禄元年(1592)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 高島公園
遺 構 郭・石垣・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物 櫓・門
史跡指定 諏訪市指定史跡
評 価
 戦国時代に高島城と呼ばれたのは上諏訪駅の東に広がる台地上に築かれた高嶋古城であった。武田氏が滅ぶと諏訪氏が旧領に返り咲くがそれも束の間のことであり、文禄元年(1592)に豊臣秀吉の家臣日根野高吉が諏訪の領主となった。高吉は新たな居城として諏訪湖に浮かぶ水城を築いたが、湖面に石垣を築くために領民は重税を課せられ苛烈な労働を強いたらしい。農民の逃散もあり江戸時代初期に日根野氏は下野壬生へ移封されている。故郷の領主に返り咲いた諏訪頼水は高島城の周囲を干拓し現在のような平城となった。
三の丸跡 旧三の丸の移築城門 本丸跡の石垣
本丸跡の石垣と水堀 本丸跡の隅櫓 本丸跡の虎口
冬の高島城 冬の高島城 諏訪湖
 諏訪の高島城をはじめて見たのは幼少の頃だったので記憶にない。二度目は中学2年の林間学校だったので覚えている。天守が再建ということまでは知らなかったがとても綺麗な天守と思った。遺構が残るのは本丸周辺に限られるが高島城の再建建造物は出色の出来栄えだと思う。天守の古写真が残っているが非常によく似せて造られている。
 久しぶりに訪れたのは雪もちらつく厳寒の季節だった。それから9年後の6月にも訪れているが緑に覆われ陽射しを浴びた天守と石垣がとても綺麗だった。二泊三日で諏訪湖周辺の城館を訪ねたときの初日に訪れたのが高島城だったが相変わらず優美な姿をしていた。現在は本丸周辺しか残っていないが水堀からそそり立つ石垣と天守はなかなか絵になると思う。
JR中央本線「上諏訪」下車 徒歩15分
城郭と城下町/小学館・中部の城/小学館
2005/01/15・2014/06/03