福島城
 
別 名 深志城・烏城
所在地 長野県松本市丸の内
築城者 島立貞永
築城年 永正元年(1504)
廃城年 明治2年(1869)
現 状 松本城公園
遺 構 天守・櫓・郭・石垣・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考 日本100名城
評 価
天守
天守 二の丸 水堀 本丸 水堀
本丸 埋門 馬出 黒門
黒門一の門 水門 月見櫓
 
 松本へは高尾駅から鈍行に乗っても3時間半ほどで着くので何度も訪れている。市内の山城が主な目的でも帰り道には必ず松本城へ立ち寄るほど好きな城でもある。漆黒の天守は武骨で精悍な感じがする。水堀に朱塗りの橋がよく映えて石垣との調和がとても美しい。
 近世城郭であるが基本的な縄張は小笠原氏の支城として深志城が築かれた時代を踏襲している。小笠原氏は武田信玄の松本平への侵攻で追い出されたが、武田氏の滅亡と織田信長の横死で混沌とした情勢の中、徳川家康の後ろ盾を得た小笠原貞慶が旧領の奪回に成功している。
 天守は石川数正と康長父子が統治した時代に築かれたとされている。今のような姿になったのはもう少し後の時代だが、その原型は織豊期に完成していたというので現存天守で最古の可能性を秘めている。西の姫路城は白鷺城と呼ばれ、東の松本城は烏城と呼ばれるように色彩は対照的だがどちらも甲乙つけがたい。
JR篠ノ井線・大糸線・松本電鉄「松本」下車 徒歩15分
2005/01/15・2011/10/12・2017/04/24 よみがえる日本の城/学研
城郭と城下町/小学館