福島城
 
別 名
所在地 長野県松本市入山辺
築城者 桐原真智
築城年 寛正元年(1460)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 長野県指定史跡
備 考
評 価
二の郭 虎口
遠景 竪堀 二重堀切
三の郭 主郭 主郭 土塁
主郭 石積 主郭 連続堀切 眺望
 
 4月下旬に松本を訪れた。長野県は何度か訪れているが松本市の城郭探訪は久しぶりだった。高尾駅から松本行きの普通列車に揺られること3時間20分の道中だが、小淵沢を過ぎたあたりから眠くなり何度か居眠りをしているうちに松本へ着いた。
 最初に林小城へ訪れ、それから林大城へ登った。急な登りはないものの山城に2つ登ると疲れてくる。それとこの日は初夏のような天気で思ったよりも気温が上がった。林大城で飲料を飲み干してしまったが、付近には店も自販機もなかった。ここまでで予想よりも疲れてしまい桐原城までもけっこうな登り坂が続き体力を消耗してしまった。それほどきつい山道ではないのに暑さのせいか足もとがふらつく。
 山道から竪堀をいくつか越えてようやく二重堀切まで着いたが、崩落しているのか二重には見えなかった。石が転がり足場が悪くて何度か体勢を崩している。疲労が相当に溜まっているのがわかったが、巨大な竪堀を越えて中心部の石積を目の当たりにすると疲れも忘れた。
 林大城と林小城の石積も見事だったが桐原城のそれは規模が違った。崩れ去った石積みは古城という響きがよく似合う。二の郭の崩落した虎口を過ぎて主郭へと向かう。主郭の虎口も大きく崩れているが原型は保たれている。壁面に今にも崩れ落ちそうな石積が残っていた。
 近世城郭の石垣と違って中世城郭の石積はどうしても崩れやすい。長い間の風雪に耐えてきた姿は愛おしく思えるほどだった。帰路は疲れも半分ぐらい吹き飛んでしまったようだった。往路が登り坂ばかりだったので帰路は楽だった。松本の市街地近くまで自転車のペダルは一度も漕ぐことなく惰性で坂を下った。頬を切る風がとても心地良かった。
JR篠ノ井線・大糸線・松本電鉄「松本」下車 
松本市コミュニティバス・入山辺線で「桐原」下車 徒歩45分
2017/04/24 信濃の山城と館/戎光祥出版
熊出没注意