別 名
所在地 長野県諏訪市中洲
築城者 諏訪頼忠
築城年 天正12年(1584)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 宅地
遺 構 石垣・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 金子城は旧領奪回を果たした諏訪頼忠が築いた城で石垣も築かれた。新たな居城で得意満面だったのも束の間で諏訪氏は徳川家康の関東移封に従い諏訪を去る。石垣は高島城の築城に転用されてしまい面影はほとんどない。
金子城 案内板 堀跡と石垣
 友人と茅野から諏訪にかけてを旅したときに金子城を訪れた。何もないと思いつつ立ち寄った金子城だが意外にも道標があり案内板もあった。簡素な表示板が立つ場所はやや窪んでおり、もしかするとこれは堀の遺構なのかもしれない。実際に窪みの壁面には石が積まれている。高島城へ運ばれた石垣の残石の可能性があると思うが、この遺構について言及している資料は残念ながらなかった。
JR中央本線「上諏訪」下車 かりんちゃんバス「有賀」行で「下金子公民館前」下車 徒歩5分
金子城跡案内板
2005/09/17