福島城
 
別 名 犬飼城
所在地 長野県松本市蟻ヶ崎
築城者 犬甘氏
築城年 南北朝時代
廃城年
現 状 城山公園
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
堀切
主郭 虎口 二の郭 虎口 横堀
 
 松本市中心部の北西にある城山公園へは車で登ることができる。駐車場に車を停めれば目の前に犬甘城がある。広い尾根上は地形の改変があるものの城としてのかたちは明確に残っていた。模擬櫓のような展望台から眺める松本平はとても綺麗だった。
 武田氏が松本平へ侵攻したときに小笠原氏領内の城は次々と攻め落とされ、小笠原長時も林城を放棄して逃亡したが、犬甘政徳は犬甘城で頑強な抵抗を見せたという。孤軍となった犬甘城も結局は落城するが、斥候に出た馬場信春を犬甘政徳は村上義清の援軍と勘違いし犬甘城へ迎え入れてしまい、相手が信春とわかると慌てて逃げ出したという逸話が残る。堀切と横堀が綺麗に残るが、公園化による整備がやや割引材料だった。
JR篠ノ井線・大糸線・松本電鉄「松本」下車 
松本電鉄バス「アルプス公園」行で「開松」下車 徒歩10分
2011/10/12 犬甘城跡案内板