福島城
 
別 名 林城・金華山城
所在地 長野県松本市里山辺
築城者 小笠原清宗
築城年 長禄3年(1459)
廃城年 天文19年(1550)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 長野県指定史跡
備 考
評 価
主郭 土塁
遠景 一ノ門 堀切と土橋
馬出 二の郭 堀切 主郭 虎口
主郭 石積 三重堀切 眺望
 
 高校生の頃に林城が紹介されていた本を読んだ。石積の写真を見てこの目で確かめたいと思った。それから30年以上の歳月が過ぎて好奇心旺盛な少年は初老に差し掛かったが、好奇心だけはひとつも変わらなかった。
 松本までは高尾発の各駅停車に揺られながら着いた。駅近くのレンタサイクルを利用して林小城へ訪れ、それから信濃守護小笠原氏の居城である林大城へ向かった。麓から尾根へ出るまでは急な登りだったが、尾根へ出てからは比較的なだらかな道になる。山道の両脇に無数の段郭が連なるが写真だと上手に伝わらない。居住区としては狭すぎるので敵を迎え撃つための構えだと思う。
 長い道を登り詰めて広々とした馬出へ着いた。堀切と細い土橋で防御が施されている。二の郭にある東屋で少し休む。山城を続けざまに登るのはやはり疲れるし、山頂からの眺望が利かないので余計にそう思う。しばらく休んでから主郭へ登った。高校生のときに本で見た石積がある。まとまった石積が残るのはここぐらいであとは崩落したらしい。東尾根へ下ると連続する堀切が尾根を断ち切っていた。
 この日は気温が上がったので汗をかいた。喉が渇いたので飲料を一気に飲み干したが、ここから桐原城までの道のりは店も自販機もなく軽い熱中症のようになった。それはさて置いてさすがに守護の居城である。武田氏の要害山城と造りがよく似ている。4月下旬でも信州の桜は満開だった。川沿いに咲き誇る桜と菜の花がとても美しかった。
JR篠ノ井線・大糸線・松本電鉄「松本」下車
松本市コミュニティバス・入山辺線で「里山辺出張所前」下車 徒歩40分
2017/04/24 信濃の山城と館/戎光祥出版
熊出没注意