別 名 桜城
所在地 長野県岡谷市湊
築城者 小坂敦忠
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正10年(1582)
現 状 山林
遺 構 郭・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 案内板には平安時代末期に武田信義が築いたということが記してあったがあまり信用は置けないと思う。一方で標柱には諏訪上社大祝家出身の小坂敦忠が地頭として赴任し小坂氏の祖となったということと上社の内訌が起きた文明年間(1469〜87)には既に山城としてのかたちが整っていたということが記されていた。おそらくこれが真実を伝えているものと思われる。武田氏が滅んだ天正10年(1582)に廃城となったとされる。
小坂城 切岸 腰郭
竪堀 諏訪御料人の墓 小坂城から琵琶湖を眺める
 二泊三日で諏訪湖周辺の城跡を訪ね歩いた。その前にも一泊二日で下諏訪の城を攻めている。諏訪にはそれほど見事な城跡はないが諏訪湖そのものが好きだし温泉もあるのでつい計画してしまう。初夏の諏訪は暑かったが自転車で城廻りをするのは本当に楽しかった。一日目は上諏訪から茅野にかけての山城を廻り二日目は小雨の中を下諏訪から廻り始めた。昼ぐらいに晴天となり下諏訪と正反対の岡谷市湊にある小坂城へ向かった。ちょうど諏訪湖をぐるりと半周したことになるが全然疲れなかった。
 小坂城は中央自動車道の建設でほとんど破壊されている。それは事前に知っていたので驚きも落胆もしない。小坂観音院には武田勝頼の母が眠る。彼女が晩年を過ごした風景を見ておきたかったのが小坂城へ訪れた理由である。小坂観音院の境内は気持ちの良い場所だった。それまでの暑さが嘘のように涼やかな風が吹き抜け見下ろす諏訪湖がとても美しい。展望台に東屋があったのでそこで涼をとったが寝転んでいるうちにそのまましばらく眠ってしまった。そのおかげで午後は権現沢城にしか行けなかった。一人旅はいつもそうだから気にしていない。風が吹くまま気の向くままの楽しい旅だった。
JR中央本線「上諏訪」下車 スワンバス外回り線で「山吉前」下車 徒歩25分
小坂城跡案内板
2014/06/04