別 名 天狗山城
所在地 長野県諏訪市豊田
築城者 有賀氏
築城年 承久年間(1219〜22)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 有賀城は鎌倉時代に諏訪上社家諏方氏の一族有賀氏によって築かれたという。天文15年(1546)に有賀備前守昌武は木曾義昌に通じたため武田信玄が差し向けた板垣信方に殺され、信玄は伊奈口へ通じる要衝の有賀城に原美濃守虎胤を配置して守りを固めた。史料によって年代に若干の前後があるが概ね要旨は同じである。天文18年(1549)に有賀城は千野靭負尉に与えられ慶長6年(1601)に諏訪頼忠が旧領の領主に返り咲くと千野丹波守房清が有賀に戻り屋敷を構えている。武田氏滅亡後、紆余曲折があり有賀城が廃城となってから千野氏が故地に戻ったということなのだろう。
有賀城 五の曲輪跡 四の曲輪跡
三の曲輪跡 竪堀 横堀
主郭跡背後の堀切 南尾根の堀切 本曲輪跡
本曲輪跡の虎口 本曲輪跡の土塁 有賀城からの眺望
 諏訪から高遠へ向かう途中にある山城をいくつか登ったが中でも有賀城は屈指の見応えを感じる山城だった。はじめて訪れたのは11月半ばの早朝でひんやりした空気が凛として心地良かった。江音寺に車を停めさせてもらい有賀城の道標に従って山道を登ろうとしたときに境内を清掃していた男性が城跡から眺める諏訪湖は綺麗だと誇らしげに語ってくれたことを覚えている。
 江音寺の墓地から有賀城への道標に従い少し急な山道を登ると段郭が連なる。最初に訪れてから14年の歳月はあまりにも長く木製の階段はもう朽ちてしまい途中で道筋がわからなくなっていた。郭や竪堀といった遺構にはそれぞれ案内板があってわかりやすく遺構もまた明瞭に残されている。二の郭の土塁はほとんど記憶になかっただけに目の当たりにしたときは感激してしまった。主郭の土塁と背後を守る堀切の巨大さは山城探訪の冥利に尽きるというものであり強烈な印象を与えてくれる。南尾根に連なる堀切も見事なものだが時間的に逆光で満足できる撮影ができなかった。これだけ見事な城であればもう一度ぐらい訪ねてもいいと思う。
JR中央本線「上諏訪」下車 諏訪バス「有賀」行で終点下車 徒歩30分
信州の山城/信毎書籍出版センター
2005/11/19・2019/12/03