福島城
 
別 名
所在地 長野県茅野市玉川
築城者 粟沢七郎
築城年 平安時代末期
廃城年 天正10年(1582)
現 状 宅地
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
現況
遠景 土塁 堀切
 
 粟沢観音のある台地の上に築かれていたが、丘の上は宅地と農地ばかりで遺構はほとんど残っていない。石碑が土塁の上に建ち堀切の痕跡がわずかに見られる程度だった。そんなこともあって強く印象に残っていない。
 粟沢城の遠景を撮影したのは画像の記録だと2011年3月11日10:59である。旅の疲れもそこそこに茅野駅で帰りの汽車を待つ。普段は立川駅に停車する特急に乗るが、ちょうど立川に停車する特急がなかった。仕方なく八王子までの特急券を購入している。帰りは疲れから半分ぐらい寝ていたと思う。帰宅したのは14:30で旅の画像をパソコンへ移動させていた14:46に家が大きく揺れた。東日本大震災である。
 もう1ヶ所でも欲張って城館探訪をしていたら、立川に停車する特急を待っていたらどうなっただろう。いずれにしてもその日のうちに帰宅するのは無理だったと思う。何よりもこの瞬間までみんな元気で楽しく生きていたのである。それからわずかの時間で多くの人命が失われてしまった。城廻りの旅はどれも楽しい思い出ばかりだが、このときの諏訪遠征は楽しく振り返ることができない。それはずっと続くと思う。
JR中央本線「茅野」下車 諏訪バス「理科大」行で「粟沢橋」下車 徒歩10分
2011/03/11 粟沢城址碑文