別 名 尼ヶ淵城・松尾城・伊勢崎城
所在地 長野県上田市二の丸
築城者 真田昌幸
築城年 天正11年(1583)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 上田城跡公園
遺 構 櫓・郭・石垣・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 天正11年(1583)に真田昌幸が新たな居城として築いた城である。天正13年(1585)と慶長5年(1600)の二度の戦いで数に勝る徳川軍を撃退したことで有名になった。関ヶ原の戦いで勝利を得た徳川家康によって昌幸は紀州へ配流され上田城は徹底的に破壊された。東軍について所領を安堵された真田信之の持ち城となり、その後は仙石忠政が城主となり上田城の再建が行われた。仙石氏が転封すると松平氏が入り明治維新を迎えている。
上田城 尼ヶ淵の断崖 本丸跡の水堀
本丸跡の櫓門 真田石 本丸跡の土塁
南櫓 西櫓 北櫓
二の丸水堀跡 二の丸跡の石垣 上田藩主邸
 上田城は真田氏の代名詞となっているが、その歴史から見れば真田氏が統治した時代はわずかな歳月である。それでも人々の心にそれだけの印象を残すだけの歴史がある。徳川の大軍を二度も破った事実はいつまでも語り継がれるだろう。真田という言葉の響きにはある種の憧憬を抱いていた。上田城へは何度か訪れているがゆっくりと訪れたのはちょうどNHKで真田丸が放送されていた時期で早朝でも訪れている人が多かった。
 関ヶ原の戦い後に一度破却されているためどこまでが真田氏時代の遺構かはわからないが、全体的な縄張りは変わらないと思う。石垣については江戸時代に積まれたのだろうが、現存する櫓と復元された櫓門が城跡らしさを増幅させていた。尼ヶ淵の跡から見上げる上田城は高い崖の上に築かれたことがよくわかる。城の北西は百間堀と広堀が囲む堅固な構えだったが堀は埋められ野球場が建設されている。あまり人が多い時間帯の城跡は好きではないし、有名な城跡も好んでは訪れないが城跡と桜の調和は美しい。真田昌幸自慢の居城に訪れて時間をかけて歩くのは有意義なものだった。
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車 徒歩10分
戦国の堅城2/学研・城郭と城下町/小学館
2005/07/16・2016/04/02