別 名
所在地 長野県東御市祢津
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 祢津上ノ城についての歴史は伝わっていない。祢津氏初期の居城なのかもしれないが信濃の山城と館でも考察されているように防御力には乏しく逃げ込み用の城という感じもしなくはない。それほど手の込んだ造りではないところが古めかしさを感じさせる城だった。
祢津上ノ城 腰曲輪 土塁
二の郭跡 主郭跡の虎口 主郭跡
 祢津城と言えば東部湯の丸サービスエリアからよく見える祢津下ノ城を指すことが多い。その背後に聳える標高926mの祢津上ノ城はあまり知られておらず訪れる人もないようで城跡は荒れている。下ノ城に対して上ノ城のほうがちょうど100m高いが、遠目に見ると上ノ城は平たい印象を受ける。
 姫子沢集落から下ノ城を眺めつつ農道を歩くのだが勾配は緩やかでも距離があり疲れる。道が平坦になったあたりで鳩峰林道の入口があり上ノ城の直下まで行くことができた。この道を使えばほとんど苦しい登りはないしこの道以外にないように思う。林道から城跡への道はなくひたすら斜面を登ることになる。北側に台形の平場が残り三段に構えられた祢津上ノ城の中心部へ着く。帯郭は綺麗に削平されて西側に低い土塁が残っている。斜めに入る虎口を登ると二の郭だがひどい藪で主郭も同様にイバラが自生していた。古めかしい城という印象は拭えないが山城としての完成度は感じられ城跡までの道程も味わい深いものがある。
しなの鉄道「田中」下車 東御市定路線バス「東入」行で終点下車 徒歩1時間
信濃の山城と館/戎光祥出版
2017/11/09