別 名 常田堀ノ内・内城
所在地 長野県上田市常田
築城者 常田氏
築城年
廃城年
現 状 信州大学
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 常田庄は平安時代から続く古い集落であり常田氏は滋野氏の末裔なので真田氏とは同族ということになる。実際に戦国時代には真田幸隆の弟隆永が常田氏の養子に入っている。今では想像もしようがないが古い条里制の町割りが残されてきたことから平安時代には既に集落が営まれていたことが想像される。
 上田へ一泊旅行に出かけたときの2日目の朝に散歩がてら常田氏の屋敷跡を歩いてみた。ホテルの朝食は期待したほどではなかったが駅前で便利だったし部屋もそこそこ綺麗だったので特に不満はなかった。この日は真田町へ訪れる計画を建てていたが朝食を済ませてからバスが出るまで時間が余ったので常田氏屋敷に立ち寄ることにした。
 信州大学の敷地に常田氏の屋敷は構えられていたとされ堀ノ内という地名が残っていたらしい。今も常田の地名こそ残されているが案内板も設置されていない忘れ去られた場所となっていた。大河ドラマの影響で街のあちこちに真田氏の赤い旗が靡いていたが常田集落はそれにも取り残されているようだった。科野大宮社の境内に設置された常田の由来を記した案内板がせめてもの慰めとなっていた。
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車 徒歩20分
信濃の山城と館/戎光祥出版
2016/04/03