別 名 大熊屋敷
所在地 長野県上田市古里
築城者 大熊氏
築城年 天正11年(1583)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 豊染英神社
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 創立期の伝承はないが戦国時代には武田氏の配下にあった大熊氏が居城としていたらしい。また慶長5年(1600)には別動隊を率いて中山道から関ヶ原へ急ぐ徳川秀忠が上田城に立て籠る真田昌幸を攻めるとめに布陣したという。
豊染英神社 主郭跡 堀切
 友人と信州の城郭探訪をしたときの夕刻に上田市内の城館をいくつか立ち寄ることができた。上田駅から東へ約1キロ半の小高い丘上に築かれ上田市街を見下ろすような位置にある崖端城で城跡は畑と豊染英神社となっている。遺構はほとんど失われてしまいわずかな土塁と道として利用されている空堀が残るだけだった。昌幸の変幻自在の戦法に翻弄された徳川秀忠はここで何を思ったのだろう。
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車 徒歩30分
信濃の山城と館/戎光祥出版
2011/08/01