福島城
 
別 名 大室城
所在地 長野県小諸市諸
築城者 大井氏
築城年 室町時代
廃城年 慶長20年(1615)
現 状 飯綱山公園
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
二の郭 石積
遠景 四の郭 石積 四の郭
主郭 堀切 二の郭 土塁 二の郭 石積
三の郭 眺望
 
 夏の夕暮れ時に立ち寄ったのが富士見城だった。とても綺麗な城という印象を強く持ち、小諸へ行くと必ず立ち寄っている。眺望も見事であり心が洗われるような気持ちにさせてくれる。高原美術館があるので車で登ることができ、着いてからも急な登りはない。
 これでもかと石が積まれているが、これらがすべて当時の遺構かはわからない。積み方を見ても落とし積みが多いので段郭を開墾したときの名残りのように思える。堀切はよく残っているが、その壁面に積まれている石は戦国時代のものだと思う。山城でありながら真夏にしか訪れたことがないが、緑の濃い時期のほうが綺麗に見えるし、吹き抜ける風がとても気持ちの良い城でもある。
JR小海線・しなの鉄道「小諸」下車 タクシーで約8分
2005/07/16・2011/08/01・2017/08/28 信州の山城/信毎書籍出版センター
小諸の文化財めぐり/櫟