別 名 高津谷城・高津奈城
所在地 長野県小諸市甲
築城者
築城年
廃城年
現 状 高津屋城跡公園
遺 構 郭・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 高津屋城は雲之助が居住したという伝承が残っている。菱野温泉にある旅館は雲之助城跡に建っているがおそらくその人のことだろう。土豪であることに違いはないが苗字は伝わらず雲之助という名も足軽がつけるような響きである。武田氏の時代に烽火台として使われたという伝承があるのも何となく頷ける。明治時代には大浅間大神が勧請されて茶店なども建ち賑わいを見せたというが今は誰も寄りつかない寂しげな場所となっている。
高津屋城跡公園 主郭跡 大浅間大神の碑
主郭跡の土塁 二の郭跡の土塁 腰曲輪
 高津屋城は公園として道路地図に載っている。それもあって少し期待して訪れたが公園とは名ばかりでまったく整備もされていない。昔は別荘へ遊びに来た家族がここで遊んだのだろうが今は別荘地も寂れてしまい訪れる人もいないようだった。
 2つの郭を並べただけの簡素な城跡であるが郭のかたちはきちんとしているし土塁でしっかりと守られている。公園の入口からして夏草に埋もれ手すりには蔓が絡みついていた。もうずいぶんと長いこと人が訪れることもなく手入れもされていない様子が見て取れる。靴の裏側で地形を確かめるようにして歩いているうちにはっきりとした二の郭の土塁が確認できた。薄汚れた案内板と主郭の土塁を見ただけで満足感は得られたが朽ち果てた東屋は寂しげで何となく陰鬱な感じを覚える城だった。
JR小海線・しなの鉄道「小諸」下車 JRバス「高峰高原」行で「軽石」下車 徒歩10分
信濃の山城と館/戎光祥出版
2017/08/28