別 名
所在地 長野県小諸市本町
築城者 大井光忠
築城年 長享元年(1487)
廃城年 天文23年(1554)
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 長享元年(1487)に大井光忠が鍋蓋城を築いた。武田氏の侵攻により鍋蓋城は接収され、天文23年(1554)に小諸城が新たに構築されたことにより鍋蓋城はその一角に組み入れられている。
 8月の終わりに小諸へ旅をした。大宮から新幹線で軽井沢まで乗りしなの鉄道を利用して平原で下りた。コンテナ車を改造したような無人駅で周囲は草原だった。小雨が降り寒いと感じるほどだったが浅間山の近辺はいつもこんな天候が多い。そこから歩いて耳取城と与良城を廻り終着点となる小諸城をゆっくりと歩いた。ホテルに着いたときには雨も止んだので荷物を置いてカメラだけ首からぶら下げて小諸市内を散策した。
 小諸城の大手門を見てから道標に従って小諸宿本陣跡を見物して宿へ戻ろうとしたときに鍋蓋城址の看板を見つけた。鍋蓋城は小諸城の一部に組み込まれて江戸時代は鍋蓋曲輪と呼ばれる城代家老の屋敷になっている。廃城後は市街地となり跡形もないのだが、まさかこのような看板があるとは知らなかったので少し嬉しくなった。
JR小海線・しなの鉄道「小諸」下車 徒歩5分
城郭と城下町/小学館・中部の城/小学館
2011/08/25